2005年5月

 このページではテレビで放送されたボクシングの試合結果を、酒を嗜みながらふらふら書きつづっていこうと思います。評価にはかなりの偏りが生じる可能性がありますが、ま、そこはそれ、ご容赦ください。

5月22日 「飛良泉 山廃純米酒」を嗜みつつ
日本ライト・フライ級タイトルマッチ
増田 信晃  判定  藤原 工輔
 両者よく手を出したが、致命打にわずか届かず。まんべんなく攻めた藤原よりも、要所でラッシュをかけた増田の方にポイントがわたったようだ。判定で増田の防衛。

3団体統一世界ウェルター級タイトルマッチ
ザブ・ジュダー  3RTKO  コスメ・リベラ
 ジュダーの格が違った。常識的に見れば、そう悪くはない試合展開をしていたリベラだったが、ジュダーが殴れない状況を作ることはできなかった。リベラも断固ダウンを拒否したが、これはしょうがない。

WBC世界ミドル級挑戦者決定戦
フェリックス・トリニダード  判定  ロナルド・ライト
 ライトお見事!あの天才トリニダードをテクニックで完封。フルマークに近いポイント差で判定勝ち。

ライト・フライ級4回戦
坂入 康太  2RTKO  佐々木 功
 リズム良く佐々木の突進をさばく坂入。序盤から巧いことクリーンヒットをまとめる。第2ラウンド、意を決して前に出た佐々木を連打で迎え撃ち、そしてねじ伏せてしまった。こいつは巧い上に根性がある。面白い新人だ。

フェザー級4回戦
須山 和記  判定  田口 雄平
 勢いよく突っ込んでいったのは須山だったが、いきなりダウンを喰らったのも須山だった。きれいな一発からの連打だったから、だめかと思いきや、ここからなんとか盛り返して、田口と渡り合う。だが、バッティングによる負傷で判定へ。ダウンを奪った田口の勝ち。

フェザー級4回戦
酒井 宏康  判定  斎藤 大樹
 初っぱなから何が何でもカウンターを当ててやろうとする斎藤と、当てられるものなら当ててみろといった勢いの酒井。いつしか試合は打ちつ打たれつの乱打戦となり、そのまま判定へもつれ込んだ。勢いで勝った酒井の勝ち。

68kg契約級4回戦
ラジェス・チャードハーリー  判定  片岡 理樹
 とても100戦こなしているとは思えないラジェス。一見、手も足もバラバラなんだが、片岡はラジェスの大きなパンチに攻め込むタイミングがとれない。大きなパンチをかわすと、そこに意外と鋭いラジェスの長距離砲が飛んでくる。結局、最後まで片岡に攻めさせないままラジェスの判定勝ちとなった。

スーパー・フェザー級6回戦
日下 研也  判定  チャートスック・ツインジム
 最後までKOを狙いに行った日下だったが、チャートスックに完全に距離を支配されてしまった。日下の方が勢いはあったが、クリーンヒットはチャートスックの方が多かった。ま。いわゆるホームタウンデシジョンか。

ミニマム級8回戦
辻 昌建    熊田 和真
 最後の一瞬まで火花散る拳を交わしあった両者。互いの牙城を崩しきることはできなかった。判定で熊田の勝ち。

スーパー・フェザー級10回戦
村上 潤二  2RTKO  鈴木 拓也
 自慢のステップワークで完全に鈴木との距離を釘付けにした村上。どんぴしゃの距離とタイミングで放たれた左フックが鈴木の顎を貫いた。何とか立ち上がるものの、試合続行不可能となり、村上のTKO勝ち。完璧にコントロールされた試合だったな。

ライト級10回戦
長嶋 健吾  判定  ソンコム・ジョッキージム
 仮にも世界再挑戦を狙うボクサーが、悪いけどこの程度の相手に判定勝ちじゃあ格好がつかないよなあ。昔からそうだが、長嶋、安全圏に身を置きすぎ。再起戦は関係ないと思う。チャンスをつかむ嗅覚がないのかな。ぜひともソンコムの大逆転勝ちを見たかったが、残念だ。

5月12日 「奥の松 特別純米酒」を嗜みつつ
IBF世界スーパー・ミドル級タイトルマッチ
ジェフ・レイシー  7RTKO  ルービン・ウィリアムス
 フリッカージャブとカウンターでレイシーを足止めしようと画策したウィリアムス。序盤の猛攻を凌いで、さてここからかと思いきや、逆にウィリアムスの猛打が爆発した。竜巻のような連打に飲み込まれたウィリアムスは為す術がなく、レフェリーストップ。レイシーの勝ち。

WBC世界ライト級タイトルマッチ
ホセ・ルイス・カスティージョ  10RTKO  フリオ・ディアス
 ハイレベルな攻防となったこの試合。すべての面でわずかに上をいったカスティージョが徐々にディアスを削っていった。カスティージョの強烈な左フックでダウンを奪われたところで、ディアスの心も折れかかっていたんだろう。カスティージョのTKO勝ち。しかし、あのアッパーは芸術品だったな。

日本ライト・フライ級タイトルマッチ
増田 信晃  判定  藤原 工輔
 最後までがっぷり四つの打ち合い。地元の声援に押されたチャンピオンが最後に根性を見せて試合の流れを引き寄せた。藤原もよく食い下がったが、増田の判定勝ち。

B-Tightスーパー・バンタム級4回戦
羽手村 聡  判定  遠藤 靖幸
 ばりばりのインファイターぶりを発揮した羽手村。遠藤も後半エンジンをかけ直したが奪われたダウンを取り返すことはできず。判定で羽手村の勝ち。

B-Tightスーパー・バンタム級4回戦
関口 幸生  判定  北原 久己
 両者激しく打ち合うが決定打無し。やや攻勢をとっていた関口の判定勝ち。

B-Tightスーパー・バンタム級4回戦
松田 直樹  判定  石田 高士
 もう決定的かと思われるダウンを奪った松田だったが、石田の心が折れることはなかった。が、判定は松田に凱歌を挙げた。石田の根性に拍手。

B-Tightスーパー・フェザー級4回戦
松田トモヤ  判定  会田 篤
 序盤、一気に勝負を決めにかかった会田だったが、後半失速。松田に押し込まれてKO勝ちは逃したが、判定は会田。

B-Tightスーパー・フェザー級4回戦
村田 昌隆  判定  伊地知 崇
 復活をかけた伊地知の戦いだが、村田のテクニックがペースを握らせない。後半勢いが増していくものの、判定で村田の勝利。

B-Tightスーパー・フェザー級4回戦
小沢 大将  判定  浅見 眞弘
 両者手数は同じくらい。ただ、小沢の方が打ち終わりの狙い方がうまかった。早々にダウンを奪った小沢の判定勝ち。

B-Tightスーパー・フェザー級4回戦
中根 修  ドロー  方波見 吉隆
 変則vs強引の戦い。中根は方波見の動きを強引な攻めで押さえ込み、ダウンまでとったが結果はドロー。優勢点は方波見に軍配を上げた。そういうものかなあ?

B-Tightスーパー・ウェルター級4回戦
鮎沢 雅夫  判定  渡辺 浩三
 豪腕対決。手数の渡辺と一発の鮎沢。虎視眈々と狙いを定める鮎沢に対して、渡辺は細かい連打で打ち込む隙を与えない。両者、ボロボロになった激戦は判定に持ちこまれ、判定で渡辺の勝ち。きつい一発をもらいながらも、手を出し続けた努力が実った。

B-Tightスーパー・ウェルター級4回戦
桑名 竜一  判定  磯谷 和宏
 試合終了まで互角に手を出し続けた両者。だが、決定的なダメージを与えるまでには至らなかった。判定で磯谷の勝ち。

B-Tightスーパー・ウェルター級4回戦
永瀬 輝男  判定  石田 順裕
 強引な突進を繰り返す永瀬だったが、石田に冷静にさばききられて見せ場を作ることができなかった。判定で石田の勝ち。

B-Tightスーパー・ウェルター級4回戦
松橋 拓二  2RTKO  光永 智博
 全KO対戦となったこの試合。ボディをフェイントにした松橋の左フックが光永の顔面に吸い込まれた。膝から力が抜けてマットに崩れ落ちてゆく光永。その瞬間レフェリーが両手を振った。松橋のTKO勝ち。

B-Tightスーパー・バンタム級4回戦
額賀 勇二  判定  市野 将士
 キャリアで劣る市野。額賀の攻めを根性でしのぎきり、判定へ。額賀の勝利。

IBF世界スーパー・フェザー級王座決定戦
ロビー・ビーデン  8RTKO  ネート・キャンベル
 あからさまなホームタウンデシジョンに見舞われたキャンベルは不運だったが、試合のペースは、まあ、ビーデンが握っていた。最後はリズムもがたがただったし、止められてもしょうがなかったかな。ビーデンはだいぶレフェリーに手助けされたところもあったけど。

WBC世界スーパー・ミドル級王座統一戦
マルクス・バイエル    ダニー・グリーン
 前回の苦戦を教訓に、徹底的に堅く試合を運んだバイエル。狙い通り、グリーンの強打をほぼ完璧に封じ込めて、左カウンターとボディでポイントを積み重ねていった。第11ラウンドまで。最終ラウンド、いきなりのグリーンの突進に面食らったバイエルがまさかのダウンを喫し、大逆転の香りが立ちこめる。が、バイエルの最後の抵抗に仕留めきれず、僅差の判定でバイエルの勝利。

5月2日 「ぽたりぽたりきりんざん 純米生酒」を嗜みつつ
WBO世界ライト・ヘビー級タイトルマッチ
ゾルト・エルディ  判定  ウーゴ・ガライ
 返しのエルディと攻めのガライ。序盤、ことごとく攻めを凌ぎ返されたガライが、後半、ボディをくさびに盛り返すが一歩及ばず、エルディの判定勝ち。

WBA世界ライト・ヘビー級タイトルマッチ
ファブリス・ティオゾ  6RTKO  ダリウス・ミハエルゾウスキー
 復活を狙うミハエルゾウスキーだったが、いくら打ってもティオゾが下がらない。逆にガードの隙間をうまく突かれてダメージが蓄積していく。そしてティオゾのパンチが復活の道を叩き潰した。地元で屈辱のTKO負け。このまま引き下がるのか。ミハエルゾウスキー。

5月1日 「大信州 大吟醸」を嗜みつつ
WBA世界スーパー・バンタム級タイトルマッチ
マヤール・モンシュプール  6RTKO  仲里 繁
 日本が誇る豪腕ファイター・仲里がフランスの地に華々しく散った。同じく強打を誇るモンシュプール相手に互角の打ち合いを演じたが、マットに膝を落としたのは仲里だった。ガードの堅さが最後に勝負を分けたか。とにかく見事な根性を見せてもらった。感謝。

スーパー・バンタム級8回戦
西岡 利晃  2RTKO  ムスタファ・アバハラウィ
 格の違う相手を、格を見せつけるだけで勝ってしまったような試合。まあ、アバハラウィの変則パンチに冷静に対処できたあたりはさすがに場数を踏んでる。西岡のKO勝ち。

フェザー級4回戦
中津 裕季  3RKO  原間 朋彦
 デビュー戦の意気込みをぶつけ合った両者。壮絶な打ち合いの果てに相手をなぎ倒したのは原間だった。第3ラウンド開始早々に放ったアッパーが中津の急所を貫き、10カウントを聞かせる。

ウェルター級4回戦
出田 裕一  1RTKO  岡部 隆史
 さて、アマチュア出身の両者の実力はと思った矢先、出田のコンパクトな左フックが岡部の顎を打ち抜いた。何のリアクションもなくマットに倒れる岡部。早すぎて底を測ることはできなかったが、次の試合で見せてもらうことにしよう。

スーパー・フェザー級4回戦
西澤 邦浩  判定  小林 弘法
 ベタ足ファイター同士の対決。一見不器用に見える小林のファイトスタイルが西澤に最後までペースをつかませなかった。判定で小林の勝ち。

バンタム級8回戦
結城 康友  5RTKO  センサック・シンマナサック
 短期決戦型のセンサックに序盤こそ追い込まれたものの、徐々に盛り返しつつあった結城。しかし、センサックの拳は結城の顎に致命傷を与えていた。顎骨折で試合続行不可能と判断されて試合終了。センサックの勝ち。確かに、センサックは強かったが、ようやくペースを握れるようになった分、結城にとってはもったいない試合だったな。

62.5kg契約級10回戦
嶋田 雄大  2RKO  チャイナライ・ウアンサパン
 きびきびといい動きを見せたチャイナライだったが、嶋田には全く通用しなかった。あらゆる面で圧倒した上でのKO勝ち。お見事。

バックナンバーへ


メインページ1[へ戻る