2005年8月

 このページではテレビで放送されたボクシングの試合結果を、酒を嗜みながらふらふら書きつづっていこうと思います。評価にはかなりの偏りが生じる可能性がありますが、ま、そこはそれ、ご容赦ください。

8月28日 「真澄 純米酒」を嗜みつつ
ミドル級10回戦
アイク・クォーティー  判定  バーノ・フィリップス
 序盤、なかなかエンジンのかからないクォーティーにフィリップスのクロスカウンターが襲いかかる。蹈鞴を踏むクォーティーだが、次第に往年のディフェンスを取り戻し、反攻に転じた。が、これからというところでフィリップスのカウンターをもろに食らってダウン。しかし、疲労から攻め込めないフィリップスに対して、徐々に回復してペースを取り戻すクォーティーに凱歌は上がった。クォーティーの判定勝ち。しかし、よくあのダウンから立ち直ったな。

IBOライト・ヘビー級タイトルマッチ
グレンコフ・ジョンソン  判定  アントニオ・ターバー
 ファイターのジョンソンと技巧派のターバーのリマッチ。序盤ターバー、中盤ジョンソン、終盤ターバーがポイントをとり、判定でターバーの勝ち。ジョンソンのボディも効いてたんだが、スタミナが先に切れてしまった。あのまま、ボディ攻勢で押し切れればわからなかったんだがなあ。

8月25日 「白馬錦 純米酒」を嗜みつつ
フェザー級4回戦
橋本 隼人  判定  後藤 俊光
 的確さでは橋本。圧力では後藤。見応えのある打ち合いを制したのは、常に的確にパンチを集めていた橋本だった。むしろ、あの橋本のパンチをもらい続けながら前進を止めなかった後藤の根性がすばらしい。

スーパー・フェザー級4回戦
村田 遼太  2RTKO  大倉 昇
 持ち前のパワーを生かして前進を続ける大倉。しかし、村田のカウンター2発で勝負は決した。村田のTKO勝ち。大倉もいいところまで攻めたんだが、連打の隙間にあのカウンターを織り込まれたらたまらないなあ。

56kg契約級4回戦
越田 茂実  2RTKO  岩城 さとし
 長身を生かして岩城を追いつめる越田。が、岩城の一発が決着をつけた。懇親の右フックが越田の顔面を襲う。立ち上がるもののレフェリーは無情のストップを宣告。岩城のTKO勝ち。

B:Tightスーパー・バンタム級4回戦
松田 直樹  判定  額賀 勇二
 スリリングな打ち合いだったが、攻める松田とカウンター待ちの額賀という構図。4ラウンドの短期決戦では攻めた方が有利だった。松田の判定勝ち。

B:Tightスーパー・フェザー級4回戦
小沢 大将  判定  村田 昌隆
 痛恨のダウン。ほぼ互角の戦いを演じていた両者だったが、村田が体を入れ替えようとしたところをついた小沢の右フックが勝負を決めた。このポイントが効いて小沢の判定勝ち。

B:Tightスーパー・フェザー級4回戦
方波見 吉隆  判定  会田 篤
 前半の会田の右ストレートか、後半の方波見のボディ連打か。僅差ながら軍配は会田に上がった。もし、エキストララウンドに突入していたら・・・。面白いことになったかもしれない。

B:Tightスーパー・ウェルター級4回戦
渡辺 浩三  判定  石田 順裕
 滑り出しは勢いのあった渡辺。しかし、石田の老獪な捌きの前に次第に勢いを失ってゆく。しかし、石田も完全にペースを手中にできず、最後はもてあまし気味に判定へ。石田の勝ち。

B:Tightスーパー・ウェルター級4回戦
松橋 拓二  2RTKO  礒谷 和広
 松橋の強打を速攻で封じ込めにいった礒谷。だが、封印は1ラウンド中盤で破れた。一発のボディから形勢を逆転した松橋。このままいくかと思いきや、第2ラウンド、礒谷のナチュラルカウンターが松橋の顔面を打ち抜いてダウンを奪う。もうどうなるかわからない試合展開。しかし、最後はパンチ力がものをいい、礒谷は松橋のラッシュに沈んだ。松橋が力でねじ伏せた試合だったが、両者とも素晴らしかった!

ミドル級10回戦
保住 直孝  判定  江口 啓二
 保住どうした?江口はたしかに巧かったが、保住の体にバネが全然感じられなかった。判定で江口の勝ち。ジョッピーとやった頃と比べると、別人になってしまった保住。これで終わりなのか?

48kg契約級8回戦
八重樫 東  2RTKO  ダンチャイ・シズサイソン
 いやー、八重樫、強くて速い。強烈なパンチ力とスピードでダンチャイをまったく寄せつけず圧倒。あっという間のTKO勝ちだった。この段階で「世界」と豪語しているのもうなずける。期待しよう。

OPBFスーパー・フライ級タイトルマッチ
丸山 大輔  9RTKO  有永 政幸
 パンチ力では勝っていた有永。だが、試合を支配したのは丸山だった。前半は有永の強打を受け流すように距離をとり、丸山のリズムが崩れはじめたところから自慢の強打を叩き込む。細かく、しかし強烈に有永を削り続け、第9ラウンド、ついに有永の心をへし折った。丸山のTKO勝ち。すばらしい試合コントロールだった。

スーパー・フェザー級6回戦
岡田 誠一  2RTKO  ノバサック・チュワタナ
 プロの世界に慣らす意味ではいいのかもしれないが、あまりにもあっけなかったノバサック。もっと強豪を連れてこないと、せっかくのアマ戦歴がなまってしまうと思うんだけどなあ。岡田のKO勝ち。

スーパー・フェザー級6回戦
細野 悟  判定  ワンチャナ・チュワタナ
 キレてる!細野のパンチのキレは尋常ではない。ワンチャナが意外とタフだったんでKOには至らなかったが、今後、期待十分だ。

54.5kg契約級4回戦
原 良太  2RTKO  関根 和寛
 右一発をきっかけにダウンを奪った関根。だが、原の右フックをカウンターで食らってから距離が半歩遠くなる。そしてそれは原の距離だった。形勢を逆転し、面白いように出鼻をくじく原のパンチがついに関根の顔面にカウンターで炸裂。レフェリーストップでTKO勝ち。

ライト級4回戦
土井 政弘  判定  田川 智久
 最初から最後までぐいぐいと懐に潜り込み、こつこつとボディを叩き続けた土井。田川は入り鼻へのアッパーで前進を止めようとするが、巧みなウィービングでピンポイントにヒットできない。そのままの展開で試合終了となり、土井の判定勝ち。パンチ力はないものの、土井のしつこいスタイルは長期戦になったときに開花するかもな。

スーパー・フライ級4回戦
茗荷 新緑  判定  水野 桂二郎
 最後まで手を出し続けた両者だったが、決め手を欠いた。やや優勢に試合を進めた茗荷の判定勝ち。

ウェルター級10回戦
山口 裕司  4RTKO  シントートーン・フライトジム
 格の違いを見せつけるようにシントートーンを威圧する山口。丁寧に上下を打ち分けられて、徐々に追いつめられてゆくシントートーンに為す術はなかった。第4ラウンド、リバーブローで完全に動きを止めたところへ左右フックのフォローが決まり、ダウンを奪った。シントートーンが立ち上がる気配はなく、セコンドからタオル投入。山口のTKO勝ち。

8月21日 「大雪渓 山の酒」を嗜みつつ
OPBFフライ級タイトルマッチ
ワンミーチョーク・シンワンチャー  3RTKO  亀田 興毅
 亀田強い!結局、底を見せないままOPBFタイトルを奪取してしまった。だから、まだ、勢いが殺されたときどうなるかという不安は残るんだが、OPBFチャンプのシンワンチャーをあれだけ圧倒できれば、器の大きさは十分だ。このまま突っ走ってもらおうじゃないか!

8月20日 「梅錦 旨純米」を嗜みつつ
スーパー・ウェルター級10回戦
丸元 大成  判定  永瀬 輝男
 ミドルレンジの丸元とクロスレンジの永瀬の対決。両者とも同じようなパンチを打つのだが、回転半径が違う。中盤から距離を支配した丸元が永瀬の強打を紙一重で封じ込めたまま、最終ラウンドまでスリリングな打ち合いが続き、ついに最終ラウンドのゴングを聞いた。判定で丸元の勝ち。

バンタム級10回戦
福山 登  8RTKO  高野 旭
 ガードを固め、コンパクトなパンチを振るう福山。高野のリードをかいくぐりながら確実にクリーンヒットを積み重ねてゆく。後半に入り、高野も奮起するが、的確なパンチに再び圧倒されたところでレフェリーストップ。福山の勝ち。

スーパー・ライト級4回戦
清水 健太  3RTKO  渡辺 正樹
 体全体の圧力で渡辺を押し込んでゆく清水。前進しながら放たれる清水の細かいパンチは次第に渡辺のガードを崩してゆく。が、渡辺も試合を捨てない。なんとかこらえて逆転の機会を狙ったものの、第3ラウンド終了間際、一方的に打ち込まれ続けたところでレフェリーストップ。清水の勝ち。

ライト級10回戦
吉澤 佑規  判定  デニス・ローレンテ
 出鼻にダウンを喫した吉澤。ローレンテは無茶な態勢から打つパンチが巧い。強引に距離を詰められてごちゃごちゃ打たれると、どうしてもローレンテの老獪さが目立ってしまっていた。判定でローレンテの勝ち。

フェザー級8回戦
結城 建一  負傷判定  富本 慶久
 大振りのパンチを繰り返す結城と距離を保ちたい富本。結城の巧さが随所にみられたものの、ポイントにつながる動きをしていた富本に軍配が上がった。負傷によるストップがなかったとしたらどうなったか?

スーパー・フェザー級6回戦
青木 誠  2RTKO  秋山 清貴
 出会い頭の乱打戦でダウンを喫した青木。そのまま秋山が押し切るかと思えたが、第2ラウンド、青木は逆転のラッシュで2度のダウンを奪ってレフェリーストップ。最初のダウンを奪った青木のストレートは、素晴らしく切れていたな。

スーパー・ライト級4回戦
田口 勝寛  判定  伊藤 忍
 額を擦り付けあうような打撃戦の中、一瞬の隙をついてダウンを奪ったのは田口。だが、勝利者コールを受けたのは伊藤だった。互いに手数も出ていたし、1度のダウンを挽回するほどの差があったかどうかは?だが、4ラウンドの短期決戦では、判定も1ラウンドの印象に左右されがち。だが、勝者に値する戦いぶりは発揮したと思う。

8月18日 「梅錦 旨純米」を嗜みつつ
ライト・フライ級4回戦
山口 淳一  判定  大内 淳雅
 最終ラウンドまでしっかりと拳を交換しあった両者。突進力の山口vs的確さの大内となったわけだが、おれは大内のクリーンヒットを評価したけどなあ。判定で山口の勝ち。
※勝者を解説に加えることについては下記参照。

バンタム級8回戦
健文・E・トーレス  判定  センサック・シンマナサック
 叩きつけるような左フックでセンサックからダウンを奪った健文。しかし、致命傷を与えることはできず、判定で健文の勝ち。
※勝者を解説に加えることについては下記参照。

バンタム級10回戦
三谷 将之  判定  大神 淳二
 懐に飛び込みたい大神と突き放したい三谷。最後まで距離のせめぎ合いに終始して試合終了。判定で三谷の勝ち。が、この試合の問題点はそこではない。これから放送する試合の勝者を解説に加えるなど、言語道断だ。試合の鮮度が失われる。それなりに客観的な意見の言える選手ならいいが、三谷は言い訳と強がりを並べ立てるだけで、これもまた気分を萎えさせた。ボクシングはドラマ。結末を先に知ったら何の意味もない。

スーパー・フライ級4回戦
浅野 英樹  判定  松吉 成祐
 最後まで果敢な打ち合いを展開した浅野と松吉。ほぼ互角ではあったが、試合終了直前にラッシュをかけた松吉に軍配があがった。判定で松吉の勝ち。
※勝者を解説に加えることについては上記参照。

フェザー級4回戦
山下 将臣  判定  山田 淳
 ぐいぐい押し込んでくる山田と出鼻狙いの山下。ダウンを喫したのは山下だった。その後も距離の奪い合いを続けた末に判定。山下の勝ち。でも、1回のダウンを挽回するほど、山下が有利だったとは思えなかったな。
※勝者を解説に加えることについては上記参照。

ライト・フライ級6回戦
利幸・トーレス  判定  森栄 良平
 長身を生かして森栄の足を止めにかかったトーレスだったが、森栄の突進は止まらなかった。十分に体重を乗せられない距離での打ち合いは、森栄に有利だったが、クリーンヒットをとるテクニックで勝ったトーレスが判定で勝利を得た。
※勝者を解説に加えることについては上記参照。

スーパー・ウェルター級10回戦
チャチャイ・キャットパヤタイ  3RKO  江口 啓二
 浜田2世の異名を持つ江口。それを意識するあまりに、序盤はチャチャイの打ち終わり狙いに苦戦したが、最後は左フックでチャチャイを薙ぎ倒して試合終了。たしかに豪腕。今後に期待だ。
※勝者を解説に加えることについては上記参照。

116P契約級10回戦
相澤 国之  3RTKO  シャーウィン・マナタッド
 相澤お見事。強烈なボディを食らって悶絶するシャーウィン。コンビネーションに織り込まれた相澤のボディブローは早いラウンドにもかかわらずシャーウィンに致命的なダメージを与えていた。1回ダウンをとった後もしつこくボディを狙うあたりもいいね。

8月14日 「嘉泉 特別純米酒」を嗜みつつ
ライト・フライ級8回戦
大西 健市  ドロー  斎藤 直人
 ミドルレンジでの打ち合いとなったこの試合。先手をとり続ける斎藤と後の先を狙う大西だが、両者決定的なシーンを作ることができずドロー。

スーパー・フライ級8回戦
村井 勇希  判定  佐藤 常二郎
 常に前進し続ける村井を、後半さばききろうとしたが逃げ切れず。村井の判定勝ち。

スーパー・フライ級8回戦
岡田 正継  判定  伊藤 克憲
 近距離でパンチを出し合う両者。経験の差もあってか、伊藤がわずかながらペースをたぐり寄せる。岡田も検討したが判定で伊藤の勝ち。

スーパー・フェザー級8回戦
鈴木 哲哉  4RTKO  小堀 佑介
 なにがなんでもKOで勝ちにいった小堀。強烈なパンチを雨あられと叩き込んで鈴木を圧倒するが、鈴木もなかなか心が折れない。が、体はすでに限界を迎えていたようだ。それを見抜いたセコンドからタオルが投入され、小堀のTKO勝ち。

WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
高山 勝成  判定  イーグル京和
 常に動き続けてペースを掴もうとした高山だったが、イーグルのボディパワーがそれをはじき返した。高山の踏み込み際にカウンターを叩き込む盤石の攻性防御態勢。高山に付け入る隙を与えずに判定勝ちとなった。強い。

IBF世界ライト級王座決定戦
リーバンダー・ジョンソン  7RTKO  ステファノ・ゾフ
 老獪なテクニックでジョンソンのペースを乱しにかかるゾフ。第6ラウンドまでは明らかに成功しつつあったが、ジョンソンの強打がこれを打ち砕いた。一発の右カウンターがゾフの自由を奪い、後続打に耐えきれずダウン。このままカウントアウトとなった。

WBA世界スーパー・ミドル級タイトルマッチ
ミッケル・ケスラー  判定  アンソニー・マンディン
 ケスラーのパワーに必死に対抗しようとしたマンディンだが、圧倒的な突進力をしのいで自分の拳を叩き込むことはできなかった。試合は明らかにケスラーのモノだったんだから、もう少し倒す努力をしてほしかった。ま、贅沢な意見なのかな。

8月3日 「誉國光 武尊 純米吟醸酒」を嗜みつつ
WBO世界フェザー級タイトルマッチ
スコット・ハリソン  4RKO  マイケル・ブロディ
 ボディパンチャーであるブロディのボディをハリソンの強打が抉った。そのダメージは深く、第4ラウンドにマットに沈んだ。強烈なボディをよくあれだけコンビネーションに織り込めるもんだ。

WBC世界スーパー・フェザー級挑戦者決定戦
ヘスス・チャベス  判定  カルロス・エルナンデス
 両者とも手を止めることなく、フルラウンド、クロスレンジでの打撃戦となった。わずかながら攻勢を取っていたチャベスに軍配はあがった。エルナンデスもよく頑張ったが、まったく同じスタイルのぶつかり合いで、技術力の差が出ちまったんだな。

バックナンバーへ


メインページ1[へ戻る