2010年7月

 このページではテレビで放送されたボクシングの試合結果を、酒を嗜みながらふらふら書きつづっていこうと思います。評価にはかなりの偏りが生じる可能性がありますが、ま、そこはそれ、ご容赦ください。

7月22日 「日置桜 純米酒」を嗜みつつ
フライ級4回戦
清水 義幸  1RTKO  松本 憲治
 両者ともパンチを出し合う第1ラウンド開始直後、清水のパンチが松本を捉えてダウンを奪った。立ち上がった松本はがむしゃらに前に出るが、連打の中で再三清水もパンチが松本を捉えたところでレフェリーが試合をストップ。清水のTKO勝ち。

フェザー級6回戦
北野 一弘  5RKO  今関 佑介
 ロングレンジでパンチを集めたい北野に対して、頭を振りながら突っ込んでゆく今関。距離の奪い合いが続く。第2ラウンド、今関の踏み込み際に北野のアッパーがジャストミートした。もたれかかるようにクリンチする今関。それでも連打でプレッシャーをかける今関だったが、北野の右ストレートで2度立て続けにダウンを喫してしまう。しかし第2ラウンド、衰えない今関の攻めから放たれた右フックが北野の顎を捉えてダウンを奪い返した。今関が流れを押し戻す。一進一退の展開が続いた第5ラウンド、体がぶつかったあとに一瞬できた距離を北野は見逃さなかった。右ストレートが今関をロープまで吹き飛ばしてダウンを奪う。なんとか立ち上がった今関だったがすでに余力は残されておらずテンカウント。北野のTKO勝ち。今関の踏ん張りも見事だったが、北野の冷静な攻めがそれを叩き伏せた。

バンタム級6回戦
山口 憲一  3RTKO  若生 然太
 ガードを固めて前に出る若生。その飛び込み際に山口の右がカウンターで突き刺さる。それでも強引にいった若生だったが、第3ラウンド、山口の右アッパーをカウンターでジャストミートされてマットに沈んだ。微動だにしない若生を見てセコンドがタオル投入。山口のTKO勝ち。パンチがキレていた。お見事。

64.5kg契約級8回戦
和宇慶 勇二  判定  塩谷 智行
 ぐいぐいとプレッシャーをかけてゆく塩谷。和宇慶はバックステップしながら連打を放つ。中盤に入っても、和宇慶はなかなか自分の距離にすることができず、塩谷の侵入を許してしまう。この流れは最後まで変わらず、塩谷を止められないまでもクリーンヒットをとりつづけた和宇慶の判定勝ち。

7月15日 「日置桜 純米酒」を嗜みつつ
バンタム級4回戦
田村 雅人  2RTKO  堀口 立
 鋭いストレートの応酬。そんな中、まずストレートの連打でダウンを奪ったのは堀口だった。ペースを握ったように思えた堀口だったが、第1ラウンド終了間際に田村の右クロスカウンターを喰らってダウンを奪い返されてしまう。慌ただしい第1ラウンドとなった。しかし、続くラウンドもペースを握ったのは堀口のストレート。ガードの隙間から突き刺さった堀口の右ストレートで田村の膝が折れた。セコンドからタオルが投入されて試合終了。堀口のTKO勝ち。堀口の拳はなかなか堅そうだ。

バンタム級6回戦
拳 治郎  2RTKO  楠岡 正海
 サウスポー特有の突然の左ストレートでリズムに乗った楠岡。拳も手を返すが、射程の長い楠岡のパンチに阻まれて思うようなボクシングができない。第2ラウンド、楠岡の連打に為す術なくロープ際で固まる拳をみてレフェリーが割ってはいる。楠岡のTKO勝ち。

58.0kg契約級6回戦
梅津 宏治  判定  竹内 佑典
 距離を詰めてくる梅津に対して、竹内は細かい連打でこれを阻む。やや押し気味なのは梅津だが、これをどうやって止めるかが竹内のポイントになる。梅津のプレッシャーを受けながら、次第に上下の打ち分けを多用しはじめる竹内。徐々に梅津の突進は鈍るものの、接近戦での回転力はなかなか衰えない。連打のスピードでは負けていない竹内だが、カウンターをとるまでには至っていない。この展開は最後まで続き、判定で竹内の勝ち。クリーンヒットをとり続けた竹内に軍配が上がった。

OPBF・日本スーパー・ウェルター級タイトルマッチ
柴田 明雄  8RTKO  チャーリー太田
 スピードを意識して流れを組み立てる柴田を、じりじりと追ってゆく太田。射程外からパンチを浴びせたい柴田だが、太田のパンチは迫力満点。威圧感がものすごい。中盤まで巧みに試合をコントロールした柴田だったが、第8ラウンド、ついに太田のパワーに呑み込まれてしまう。接近戦の連打の中、太田の右フックがカウンターで柴田の顔面を打ち抜いた。蹈鞴を踏んで後退した柴田を太田のラッシュが襲い、柴田がマットに崩れ落ちる。立ち上がった柴田だったがすでに足は使えず、ロープ際で太田の強打に晒されたところでレフェリーが試合を止めた。太田のTKO勝ち。ポイントは柴田が取っていたと思うが、倒せる力を持ったボクサーはやはり強いな。

バックナンバーへ


メインページへ戻る